むじかほ新館。 ~音楽彼是雑記~

精神衛生にやさしい「傑作!」を連発するレビューブログを目指しています。

Replacire / Do Not Deviate

f:id:bluecelosia:20170920214152j:plain
Replacire / Do Not Deviate


USのテクニカルデスメタルによる2作目フルレングス。



狂気と正気が交錯する目まぐるしい展開の速さに耳を奪われます。
彼らは言うなれば、Death、Atheist、Cynicらから思いきり影響を受けています。
中でもAtheistの影響が濃く、ジャズのフィーリングを押し出した変幻自在のドラミングや、微かなニュアンスも表現するギターと言った要素は紛れもなくAtheistの因子を感じ取れるかと思います。
特にデビュー作である前作はそれが色濃く、Atheistが沈黙している今、ある種代替品のように少し話題を集めました。
前作から5年、そこから脱却して独自のデスメタルを形成することに成功しました。
それはアルバム全体を覆う常軌を逸したスピード感。
ハードコアに近い衝動すらも内包したデスメタルパートと呪術的なクリーンパートを凄まじいスピードで交錯させ、なおかつ破綻させない。
この匠の域に達している技巧は、ジャズ由来の弾性のあるリズム感だったりします。
そしてプロダクションは極めてモダン。非常にカッチリとしたクリアな音像です。
マスタリングを施したのはJens Bogrenなので、それも納得の音像。
それでいてデスメタルとしての迫力も損なわないのは、彼らのバランス感覚が優れているからに他ならない。
コンパクトにまとめられている分、その情報量の密度がまた濃い。
わずか3分満たない間にブルータルなデスにジャズを混ぜ込んで凄まじい刻みのスラッシュを挟んでくるM-1“Horsestance”からして特濃。
印象的な哀愁メロディーを地獄絵図に食い散らかしてジャジーに縺れ込む“Cold Repeater”からM-6“Reprise”の流れは鳥肌物。
作中最重量を誇るキレのあるリフ責めに酔えるM-9“Spider Song”もかっこいいですね。
凶悪ながらもどこか洒脱で壮麗ですらある、一癖も二癖もあるデスメタルの傑作です。
惜しむらくは、このバンド寡作なんですよね。


1. Horsestance
2. Act,Re-Enact
3. Built Upon The Grave Of He Who Bends
4. Any Promise
5. Cold Repeater ★
6. Reprise
7. Moonbred Chains
8. Do Not Deviate
9. Spider Song
10. Traveling Through Abyss
11. Enough For One
(2017、Season of Mist)
Time/38:36
※プラケース、12Pブックレット付。

Score:9.4/10


Replacire - Cold Repeater