むじかほ新館。 ~音楽彼是雑記~

精神衛生にやさしい「傑作!」を連発するレビューブログを目指しています。

Mutoid Man / War Moans

f:id:bluecelosia:20170903232402j:plain

Mutoid Man / War Moans

USのハードコア/ストーナーメタルバンドによる2作目フルレングス。




Cave InのSteve Brodsky、Converge/All Pigs Must DieのBen Collerにより結成されたバンドです。
そこにNick Cageaoというベーシストを加えての3ピース。
その音楽性はと言えば、Cave Inにより近いもので、Cave Inが結構好きな私には歓喜物です。
前作はコンパクトに、豪快なスラッジ~ストーナーの質感をまとわりつかせながらリフで爆走しまくる素晴らしい作品でした。
今作も、基本的にはその路線は踏襲されています。
しかしながら、メロディーのバリエーションが増え、前作収録の“Sweet Ivy”のようなサイケデリックな世界観を全面に拡張したような作品に仕上がっています。
つまり、かなりキャッチーなアルバムなのですね。
しかしセルアウトしたわけもなく、演奏の強度やメタル的なアグレッションはかなり向上しています。
歌詞世界もLGBTの苦悩、性的な倒錯や戦争の極限等、凡そ一般受けしにくい陰鬱なものを扱っているので、彼ら特有の躁的なテンションと対比されていて実に奇妙な感覚。
オープナーであるM-1“Melt Your Mind”の焦燥感に駆られる爆走曲は彼らお得意のものだし、更に加速させたM-3“Micro Aggression”といったMutoid Man印はより強固に。
まるでJudas PriestのようなイントロからHigh On Fireが如き豪腕で突き飛ばすような爆走曲M-7“Irons In The Fire”のような新機軸もあってかなり楽しいアルバムです。
それこそダイハードなCave Inファンからスラッシュメタルフリーク、Mastodonのファンも楽しめるアルバムだと思います。
ちなみに表題曲ではMarty Friedmanがギター弾きまくっていますよ。


1.  Melt Your Mind
2.  Born Chain
3.  Micro Aggression
4.  Kiss Of Death
5.  Date With The Devil
6.  Headrush
7.  Irons In The Fire ★
8.  War Moans
9.  Wreck And Survive
10.  Afterlife
11.  Open Flame
12.  Bandages
13.  Micro Aggression(live)
14.  Date With The Devil(live)
(2017,Sargent House,Daymare)
M-13,M-14:日本盤ボーナストラック
Time/43:47
デジパック、ライナー付、ブックレットなし。

Score:8.6/10