むじかほ新館。 ~音楽彼是雑記~

精神衛生にやさしい「傑作!」を連発するレビューブログを目指しています。

Ember Falls / Welcome To Ember Falls

f:id:bluecelosia:20170901002800j:plain

フィンランドの6人組エクストリームメタルバンドによる初フルレングス。



元AmarantheのJake Eによるプロデュース&作曲全面協力でも話題になった作品です。
そのことからもわかるように、彼らの音楽性はメロデスメタルコアを中心に据え、そこから幅を広げたものと言って、まず間違いありません。
特にAmaranthe初期や、Sonic Syndicateのようなキャッチーな作風です。
シャッフルを基盤としたドラムの影響で、跳ね回るようなリズムが心地良く、このダンサブルで華やかなビートと煌びやかかつ時に哀愁を帯びるメロディーの親和性はかなり良好。
かと言ってザクザクしたリフの攻撃性もややマイルドながらも損なっておらず、しっかりメタルアルバムとしても機能的。
そして何より、クリーン担当のフロントマンThomas Groveの甘さを残しつつ力強く歌い上げる感じはグッときます。
負けじとスクリームを炸裂させるギタリストCaluの水準もかなり高く、掛け合いが楽しいですね。
Jake Eが元来やりたかったであろう路線とバンドの方向性が見事に溶け合っていて、見事と言うより他ないですね。
アルバム前半はダンサブルかつメロディアスな要素が強調されていて、後半、特にM-9“One More Time”~M-11“The Lamb Lies Down In Sacrifice”のアグレッションとメロディーがぐいぐい前に来る〆方には胸が熱くなります。
Turisasみたいな衣装も楽しい、フィンランドらしいとも言える新星の登場です。


1. The Cost Of Doing Business
2. Falling Rain
3. Of Letting Go
4. The Enemy You Need
5. Freedom
6. COE
7. Rising Tide
8. Open Your Eyes
9. One More Time ★
10. Shut Down With Me
11. The Lamb Lies Down In Sacrifice
(2017,Spinefarm)
Time/40:30
※輸入盤紙ジャケ仕様、16Pブックレット封入



Ember Falls - Shut Down With Me

Score : 8.6/10