むじかほ新館。 ~音楽彼是雑記~

「傑作!」を連発するレビューブログを目指しています。コメントは記事ページから書込・閲覧頂けます。

Ebola / Red Heaven


Ebola / Red Heaven



日本のブラックメタルによる5作目フルレングス。



大分県出身の独りバンドで、元々はRawでプリミティヴ、そしてデプレッシヴなブラックメタルを表現していました。
Zxui Moskhvaの元ギタリストでもありましたね。
前作『Reconstruction of Concept』ではシティポップやシンセウェイヴ的な音楽表現をブラックメタルに組み込む荒業で魅せてくれ、話題を集めました。
そして本作ですが、前作ほどのアクロバティックな表情はないですが、デプレッシヴ・ブラックメタルとポストブラックメタルの中間を行き来するような、切なさのこみ上げる音世界を聴かせてくれます。
前作で培ったシンセウェイヴ的表現は、どことなくSF映画のようなSEとして機能しており、チープだが攻撃的なドラムトラック、沈鬱なVoと儚いトレモロとが合致していることは、M-2“Cluster Amaryllis”を聴いてもわかることでしょう。
浮遊感のあるギターで優しく包み込んでくるようなM-1“Lycoris Radiata”、物憂げな音色に導かれて溶けるようなトレモロの美しさが荒々しいディストーションに飲み込まれていくM-3“White Obelisk”、優しげなトレモロと陰鬱な絶叫のコントラストが映えるブラックゲイズに接近したM-4“Nostalgic Lily”と、荒々しさと美しさを兼ね備えたスタイルで序盤から飛ばしてきます。
シンセサイザーの柔らかさ漂うインストゥルメンタルM-5“Empty Voice”を皮切りに、前作で培った冒険心が頭をもたげてきますね。
重苦しいリフと怒りに満ちた絶叫で悲壮的な雰囲気を充満させるM-6“The Fact”、甲高いトレモロが高らかに鳴り響くアトモスフェリックブラックに接近したかと思えばヴェイパーウェイヴを差し込む一風変わった展開を見せるM-7“Waiting”、悲しげで重々しい銀盤で密やかに幕を降ろすアウトロM-8“Ending -Forever-”と、非常に美しいアルバムに仕上がっています。
カバーアートの彼岸花と黒揚羽のような蝶という取り合わせも素晴らしく世界観に合致しています。
前作まではポストブラックとは言い切れないスタイルでしたが、本作ではデプレッシヴブラックメタルの流れを汲んだ正統派ポストブラックにだいぶ近づいた作品を提示しており、次作での昇華が本当に楽しみですね。
何とも言えない悲哀が込み上げてくるメロディックブラックメタルとしても快作です。
惜しむらくはこの路線だと、ドラムが圧の強い生の方が迫力と説得力をより増していたのでは?とも若干思ったことくらい。
ただ長くお付き合いできるタイプの作品でもありますし、秋の夜長のお供にも是非どうぞと差し出したくなる、しんみりとしたメランコリックな一枚です。



1. Lycoris Radiata
2. Cluster Amaryllis
3. White Obelisk
4. Nostalgic Lily
5. Empty Voice
6. The Fact
7. Waiting
8. Ending -Forever-
(2022/Zero Dimensional Records)
Time/38:24


Score:8.8/10


www.youtube.com