むじかほ新館。 ~音楽彼是雑記~

「傑作!」を連発するレビューブログを目指しています。コメントは記事ページから書込・閲覧頂けます。

Zeal & Ardor / Zeal & Ardor

f:id:bluecelosia:20220217212214j:plain
Zeal & Ardor / Zeal & Ardor


アメリカのエクストリームメタル/ブラックメタルによる3作目フルレングス。



スイス出身のManuel Gagneuxによるプロジェクトで、前作よりフルバンドを編成しての2作目となります。
元々は独りバンドであり、音楽活動を始動した理由にアメリカの巨大掲示場サイト4chanでの書き込みが元ネタという逸話があります。
その書き込みとは、曰く「ブラックメタル+ブラックミュージック」。その通り、彼らのスタイルはBurzumやDarkthroneを彷彿とする邪悪で冷たいブラックメタルを基軸に、ゴスペルやブルース、R&Bといった黒人から生まれた音楽の要素を惜しげもなく注ぎ込んだものです。ブラックメタルの中でもBurzumについては過去に言及しており、NSBMの祖の一つとも言えるものに常にリベラルの中心で取り上げられやすい黒人文化の音楽スタイルを合わせるという、禁断とも言えるブレンドを施したことでも話題を集めました。
今作でもその配合実験はより進んでおり、今作がセルフタイトルであることからも、パワーバランス的にも自信のほどが伺えます。
今作ではゴスペルやブルースがブラックメタルと乖離するわけでなく、時にインダストリアルやニューメタルの陰鬱さを接着剤にして、相反する要素が統合されていることは、分厚いエレクトロノイズが立ち込めるブルージーM-1“Zeal & Ardor”からもわかることでしょう。
ただ、ブラックメタルとしての暴虐性は一歩引いており、アグレッションを強調する一部になっていることに寂しさを覚える方はいるかもしれません。また、ゴスペルパートにはDanny HathawayやSkip James周辺を参照したくなる芳醇さがあることにも驚きましたね。
グルーヴ感を重視した低域のギターやスクリームが縦横無尽に駆け回るM-2“Run”、神聖な空気を表現する神聖なシンセサイザーにアンセミックな絶叫や高速リフを叩きつけるM-3“Death to the Holy”、陽だまりのようなエレクトロできらびやかなR&Bからブラックゲイズの哀切をまとって爆走するM-4“Emersion”、口笛と荒野の似合うブルースを彩る重厚なドラムや残響が枯れた美しさを聴かせるM-5“Golden Liar”の前半ですでに過去作とは立ち位置の違いを見せつけます。
溜めのリズムでニューメタルの鬱屈さを歯切れの良いVoやリフでアグレッシヴに演出するM-6“Erase”、ゴスペル風のVoを真綿で首を絞めるようなグルーヴや神経に障るノイズで痛めつけるM-7“Bow”、北米南部を思わせるコーラスに暴虐的な刻みのリフや血反吐を吐く絶叫を合わせるブルータルなM-8“Feed the Machine”、不穏さを漂わせるギターのフレージングから切迫感を煽る激走に繋げるM-9“I Caught You”、穏やかなゴスペルと緊迫するコーラスの対比が絶妙なドラマ性を構築するM-10“Church Burns”の閉塞的な中盤の流れも見事。
高らかなリフと奈落に叩きつけるグルーヴにグリムVoを合わせる邪悪なブルータルブラックM-11“Götterdämmerung”、悩ましげなベースラインに美声を乗せるブルージーなクリーンに轟音ギターが美しいM-12“Hold Your Head Low”、ポストパンク調のリズムに乗るジャジーな連弾を引き裂く絶叫と残虐なリフを堪能するM-13“J-M-B (Jazz, Metal, Blues)”、不安を囁くようなノイズの小波に心を引っ掻くようなメロディーで幕を引く絶望感のあるM-14“A-H-I-L (All Hope Is Lost)”と最後の最後まで作り込まれた傑作と言えます。
また、今作のアートワークには山羊頭が有名な悪魔バフォメットをモチーフにした手を採用したり、エリファス・レヴィのバフォメットの腕に刻印した「Solve Coagula(溶かして固めよ)」の文字だったり、世界観的にもコンセプトを感じさせます。
そもそものバンドロゴですら錬金術のフラスコを彷彿とさせるものであり、このタイミングでセルフタイトルを冠するということは、今作を以て彼らの掲げる「ブラックメタル黒人霊歌」が完全体に成ったと解釈するのは容易です。
ですが、そんな私の妄想のような解釈など投げ捨てても、キャッチーでありブルータルな大傑作である今作には抗えません。
一風変わったエレメントを分析し尽くした後に見事に黄金へと変質させた素晴らしい一枚。



1. Zeal & Ardor
2. Run
3. Death to the Holy
4. Emersion
5. Golden Liar
6. Erase
7. Bow
8. Feed the Machine ★
9. I Caught You
10. Church Burns
11. Götterdämmerung
12. Hold Your Head Low
13. J-M-B (Jazz, Metal, Blues)
14. A-H-I-L (All Hope Is Lost)
(2022/MKVA)
Time/43:59

Score:10/10


www.youtube.com