むじかほ新館。 ~音楽彼是雑記~

精神衛生にやさしい「傑作!」を連発するレビューブログを目指しています。

Terrifier / Weapons Of Thrash Destruction

f:id:bluecelosia:20171012220015j:plain
Terrifier / Weapons Of Thrash Destruction


カナダのスラッシュメタルバンドによる初フルレングス。



このスラッシュ馬鹿野郎!と言いたくなる徹頭徹尾スラッシュメタルをしているバンドです。
ゲイン高めの耳障り寸前のプロダクションから放たれる、甲高いクランチリフで攻めて攻めて攻めまくるタイプの聴いてニヤニヤできるアルバムですね。
そうは言ってもスピード一辺倒というわけでもなく、少し落としたミドルな箇所では一歩引いて他パートを引き立てることもやったりしています。
基本はスラッシュの2ビートですが、時にブラストを織り交ぜて暴走するドラムもなかなか芸達者。
メロディー?そんなものは飾りです。
ギターソロで流麗なフレーズ弾いたりしていますが、たぶん気のせいです。
それくらい、ただただ単純にクランチリフの応酬で生まれる緊張感を楽しむ作品です。
この若さ溢れる突貫スラッシュはM-1“Re-Animator”から貫かれていて、小気味よいザクザクリフをこれでもかと聴かせてくれます。
少しThrash'N'Roll的なベースがぐねぐねとうねりまくるM-3“Nuclear Demolisher”では速度に頼らないぜ感を出しつつ結局大暴走してくれる様が微笑ましいですね。
シンプルなリフで転がしてくるM-6“D.A.F”ではMotorheadへの敬愛を感じ取れますし、速度推しであっても微妙にニュアンスを変えたりしている辺りなかなか器用。
Destruction愛に溢れたM-7“Bestial Tyranny”は単純明快にかっこよろしい。
ボーナストラックで明らかにミックス変わるので、その辺はちょっと不満ですが、本編の荒々しいスラッシュメタルはなかなか素晴らしい出来だと思います。
SlayerやDestruction、Sodom辺りが畑のスラッシャーは押さえていても損はしない作品です。


1. Re-Animator
2. Deceiver
3. Nuclear Demolisher
4. Violent Reprisal
5. Skitzoid Embolism
6. D.A.F
7. Bestial Tyranny ★
8. Riders Of Doom
9. Sect Of The Serpent
10. Metal Of Death
11. Infernal Overdrive
(2017/)
Time/50:28
M-10,11日本盤ボーナストラック