むじかほ新館。 ~音楽彼是雑記~

精神衛生にやさしい「傑作!」を連発するレビューブログを目指しています。

Heart Attack / The Resilience

f:id:bluecelosia:20170923141649j:plain

Heart Attack / The Resilience


フランスのグルーヴ/スラッシュメタルバンドによる2作目フルレングス。



フランス産ながら、アメリカンなグルーヴを聴かせてくれるバンドです。
DevildriverやThe Hauntedにも通じるタイプのソリッドな音が楽しめます。
時折テクニカルスラッシュのような、急激なテンポチェンジを挟んだり、冷たく叙情的なフレージングを織り交ぜたり、様々なバンドからの影響を咀嚼するのが巧いな、と思いました。
絨毯爆撃のような苛烈なドラムにまず耳がいきます。
スラッシーなビートからブラストビートまで巧みに操る様はなかなかの技巧者っぷり。
ザクザクしたリフをユニゾンさせたり、華麗なソロの掛け合いをしたりといったギターはかなりツボを押さえているので、飽きさせないですね。
何よりチューニングがいいのか、非常に聴いていて心地良い。
Voもクリーン/ハーシュ/グロウルを操る芸達者ぶりですが、クリーンが少し細いのが惜しい。
もったいぶったイントロを切り裂くグルーヴィーなオープナーM-2“Burn My Flesh”の豪快さはアルバム全体を支配します。
グルーヴィーかつ凶悪なデスロールを轟かせるM-5“Sound And Light”や、重心低く歌心も存分に込めた長尺インストM-10“The Resilience”といった幅も感じさせる曲も楽しいですね。
これといったキラー曲が不在なのが惜しいくらいで、全体的な完成度はべらぼうに高く、この手のデス~スラッシュ~グルーヴメタルが好きな人なら存分に楽しめるかと。
なかなかの掘り出し物でした。


1. Nocturnal Sight
2. Burn My Flesh
3. Congrats To People
4. Fight To Overcome
5. Sound And Light ★
6. When The Light Dies Down
7. Dead And Gone
8. Feed The Fire
9. Disorder
10. The Resilience
(2017,Apathia)
Time/45:13
デジパック、8Pブックレット付。